虫歯治療タイトル

虫歯治療タイトル
虫歯の進行

むし歯とは?

虫歯の原因虫歯は、歯質、細菌、食べ物の3つの要素に時間の経過が加わってできると言われています。
虫歯の原因となる細菌(ミュータンス菌)は、菌の塊である歯垢(プラーク)に含まれています。その細菌が糖分やタンパク質を分解する際に排出する酸などが、歯のエナメル質やカルシウム、リンなどの成分を溶かして虫歯を作るのです。

「歯みがきをしていないけど虫歯がない」「甘いものをたくさん食べているけど虫歯がない」そんな人は、もともと持っている細菌の量が少なかったり、溶け出したカルシウムやリンなどの成分を元に戻してくれる働きを持つ「だ液」の力が強い人です。

虫歯を放置していると…

虫歯の進行実は、むし歯の痛みは歯の神経にかなり近づかないと感じません。「歯が痛い」「しみる」と感じる状態ですと、むし歯はかなり進行した状態になっている可能性が高いです。
症状が出た時には、すでにむし歯が歯の神経まで達していることがありますので、残念ながら神経を取る治療になるケースが多くみられます。さらに放置していると最悪の場合抜歯に至るケースもあります。むし歯は早期発見・早期治療が何よりも大切です。

 

おおたわ歯科医院の治療方針

なるべく削らない

mushiba1

1本の歯を、何度も繰り返し治療するのには限界があり、一度削ってしまうと、元には戻りません。神経を抜いてしまった歯は健康な歯に比べ、弱くなるため、できるだけ削らない治療を行っています。

痛くない

mushiba2

治療中に痛みを感じないよう、治療はスピーディーかつ慎重に行っています。治療では痛みを抑えるために、麻酔を使用することがあります。

見た目へのこだわり

mushiba3

治療後もほとんど目立たない素材の被せ物も取り扱っています。常に最良の情報をご提供するとともに、患者様のご都合を確認しながら、相談させていただきます。

 

予防することで、医療費の節約にもなります

80歳までの医療費グラフ
「健康は歯から」と言っても過言ではありません。
自分の歯で美味しく食事をとるためには、むし歯にならないよう予防をすることが最善の方法です。

予防することで長期的にみると歯科を含めた、医療費の節約にもなります。

そして、何よりお口の中や全身の健康を維持し、健康寿命を延ばすことにもつながります。病気になってから後悔することがないように、早めに予防歯科を始めることが大切でしょう。

 

 

 

おおたわ歯科医院では予防歯科に力を入れています
歯の健康寿命を延ばす為、3カ月に1回の定期検診が必要とされています

むし歯予防には、患者さま自身が日々行う歯磨きと、衛生士による専門的な機材を使ったプロフェッショナルケアがあります。両方を上手く使うことによって、何歳になっても歯を健康に保つことができます。