オールセラミックスタイトル

オールセラミックスタイトル

 

歯のコンプレックス例

オールセラミックス

ac-1

セラミックとは陶器のことで、水分の吸収が無いため変色せず、歯を白く保つことが可能です。天然の歯に最も近い色調と透過性を再現できる最高級の素材です。

保険内治療

ac-2

保険適用ができる素材です。銀歯なので見た目も目立ちやすいだけでなく、金属アレルギーをおこす可能性もあります。

より魅力的な口元へ

ac-3

「おおたわ歯科医院」では審美性だけではなく、しっかり噛んで食事ができる・長持ちするといった機能性も含めて設計していきます。

最高級オールセラミックス審美性 機能性 満足

「おおたわ歯科医院」では最高材質「ジルコニア」を用いたオールセラミック治療を行っています。「ジルコニア」とは、酸化ジルコニウムを安定化させたセラミックで、宝飾品として知られるキュービックジルコニアとほぼ同じ成分で出来ています。
強度としなやかさ、美しさを兼ね備えた、セラミックの中のセラミックとも言える歯科材料です。

 

オールセラミックスのメリット

オールセラミックス透明感のある白さ

オールセラミックスの最大の特徴は、自然の歯のような透明感をもつ被せ物を作ることができることです。歯には神経があり、黄色っぽい象牙質と、歯の表面を覆っている透明なエナメル質があります。このエナメル質の透明感を本来の天然歯同等かそれ以上の色調や形態で再現しますので、極めて審美的効果が高いと言えます。白さやお色味もご自身で選ぶことができます。

 

 

歯ぐきの変色歯ぐきの変色

保険適用の被せものは内側が金属になっています。そのため、歯茎と被せものの内面の金属が常に触れてしまうことになります。その金属に含まれる金属イオンが溶け出し、歯茎に沈着することで歯ぐきが黒く変色してしまうことがあります。オールセラミックスは金属を全く使用しませんので、歯ぐきの変色を起こすことはありません。

 

 

 

身体に優しい 良質な材料身体に優しい 良質な材料

オールセラミックスは陶器ですので、生体親和性に非常に優れています。体内に入れるものですから、強度や見た目だけでなく安全性も大切です。当医院では、歯の健康だけではなく身体全体の健康を第一優先とし、それに基づいた治療計画をご提案いたします。

 

 

 

金属アレルギー金属アレルギーをおこさない

金属アレルギー症状は、金属が肌に触れることだけで起こるものではありません。詰め物や被せ物の中の金属の成分が唾液などの水分によりイオン化し、金属イオンがお口の中で溶け出し体内に取り込まれることでも起きてしまうのです。口のなかの金属は常にイオン化しているため、できるだけ、金属を使わない治療をお勧めします。

 

 

 

変色した被せもの色が変色しない

保険の差し歯は、金属冠の前にプラスチックを貼り付けた被せものです。貼り付けたプラスチックは半年から1年程度で黄ばんでくるため、定期的にやり替えが必要になったり、プラスチックが口の中の水分を吸収し膨張と収縮を繰り返す結果、剥がれ落ちてしまうこともあります。オールセラミックスなら、綺麗で透明度のある歯の状態が長く続きます。