マウスピース矯正バナー

マウスピース矯正バナー

マウスピース矯正とは

透明な装置目立たない矯正装置

薄く透明に近い、医療用プラスチック製の装置は、装着していても着けていることがほとんど分かりません。マウスピース矯正は、治療中の見た目が気になる方、人と接する機会の多い方などにおすすめの矯正治療法です。従来の矯正方法と比べて痛みが少なく、唇や口の中の粘膜などを傷つけてしまう心配が少ないのも特徴です。

 

 

 

マウスピース装着外せる矯正装置

他の矯正装置とは違って、患者さまご自身の手で取り外しができます。装置に食べ物が詰まる心配なく、治療中も普段通りに食事ができます。毎日の食事を楽しみたい方におすすめです。金属を使用しないため、金属アレルギーの方にもおすすめです。

 

 

 

クリアライナー段階に合わせて装置を変更

マウスピース矯正は、治療の段階に合わせて矯正装置を新しいものに交換し、装着することで徐々に歯並びを整えていくため、従来の方法より通院回数が少なくて済みます。 矯正装置は、患者さまご自身で交換していただく必要があるので、患者さまの自己管理が大切になってきます。

 

 

 

インビザラインマウスピース

インビザライン(Invisalign)は90か国以上の国々で導入されており、治療に関する研究は現在も進んでいる信頼度の高いマウスピース矯正です。
オーダーメイドで製作する薄い透明なマウスピース型装置です。

 

お手入れ方法

マウスピースの清掃

 

基本的には歯磨きと同じように歯ブラシと歯磨き粉を使い洗浄して下さい。 外側、内側ともに力を入れすぎず、やさしい力で磨き、磨き終わったら十分にすすぎます。 すすぐときには熱めのお湯を使用しないようにお願いします。熱いお湯ですすぐとマウスピースが変形したりしてしまうことがありますのでご注意ください。

 

治療のながれ

1 カウンセリング
カウンセリング問診・視診等を行い、おおまかな見積書を作成いたします。治療に関する心配や疑問・気になるお悩みは何でもお話し下さい。

2 精密検査・診断
精密検査・診断エックス線、CT検査、全顎の模型作製、口腔内写真を撮ります。治療が必要な虫歯があった場合、そちらの治療を優先して進める場合があります。

3 装置装着の前処置
装置装着の前段階検査結果により、親知らずの抜歯が必要と診断された場合、治療開始前に抜歯をしていただく場合があります。

4 インビザライン用データ採得
インビザライン用データ採取インビザライン作製用の歯型を採ります。データはすぐに米国のアライン・テクノロジー社に送られます。

5 アライナー装着開始
アライナー装着開始アライナーは、毎日指定された時間装着しながら、治療の段階に合わせて新しいものにつけ替えていきます。来院時に、次回までに使用するアライナーをお渡しいたします。

6 歯の移動・定期通院
歯の移動・定期通院1~3ヶ月に1度来院していただきます。治療期間は、患者さんの顔の骨格や歯並びの難易度によって大きく変わりますが、目安としては、1年〜3年ほどです。

7 メンテナンス
メンテナンス矯正終了後は、歯並びが元に戻らないように保定装置を付けながら、かみ合わせを安定させます。数か月に一度の割合で通院していただき、経過を見守ります。

よくあるご質問

治療期間はどれくらいですか?
治療期間は症例や矯正歯科医の治療方針、治療計画等によって1年〜3年までと様々です。 自分に合った治療法が理解できるまで、しっかり質問し、納得した上で自分に合った治療法、をお選びいただいております。
歯は抜かずに矯正はできますか?
歯並びによって、抜歯しないで治療できる場合もあれば、抜歯あるいは抜歯しない治療方法のどちらでも選択できる場合もあります。また、歯並びによっては、抜歯・非抜歯の選択によって、治療後の口元の印象、横顔のラインが違う場合があります。治療方法によるメリットやデメリットをお伝えして、ご希望に合ったプランをご提案致します。
矯正治療に痛みはありませんか?
痛みの感覚には個人差がありますが、マウスピース矯正は一般的に、従来の矯正装置のようにブラケットやワイヤーによる痛みや不快感が少ないと言われています。
虫歯や歯周病、歯が抜けている人もできますか?
矯正装置をつける前に虫歯や歯周病の治療を済ませる場合が一般的ですが、お口の状態に合わせてプランを立てていきます。
治療費の分割払いは可能ですか?
分割払いの場合、クレジットカード払いかデンタルローンがご利用いただけます。詳しくは、スタッフまでお尋ねください。
治療できる範囲は限られてますか?
治療の適用範囲に制限は設けておりませんが、比較的難易度の低い症例に適した装置です。あとちょっと歯並びを良くしたくても、「コストや労力をかけてまで矯正治療をするほどでも・・・」と諦めていませんか?今まで装置を付けるのが嫌で矯正治療をあきらめていた患者様に、ぜひ知っていただきたい矯正治療法の一つです。

インビザラインについて詳しく知る